引き伸ばし機のLED化:20WLEDランプ届く

 明るさは40Wの485lmにくらべ350lmとなっているので、半分になるわけではなさそう。また、40Wは昼光色を買っていたが、今回は昼白色なのでどう影響するのか?
 とりあえず、L-308Bの照度計機能で測ったら、40WLEDに比べ半段(0.5EV)ほど落ちている。40Wで2.5秒だったのが、4秒程度になったと思われる。

普通のカメラで印画紙をフィルムの代わりに使う

 ピンホールカメラでなくても、普通のレンズを付けて、F22ぐらいに絞れば、ISO5の印画紙であれば、貼れた日には1/2秒程度が適正露出となる。なので、フィルムネガを介さずに写真が撮れることになる。ただし撮れた写真は反転しているので、スキャンして白黒反転するか、印画紙を重ねて密着焼きをすることになる。

 また、イルフォードの [ダイレクトポジティブペーパーFB Glossy 4×5インチ 25枚](5,500円)を使えば、ポジの像がダイレクトに出るので、反転転写が必要なくなるようです。なんか色々あって、この世界は奥が深い。

ピンホールカメラでモノクロ写真用印画紙を使う

 フィルムの代わりにモノクロ印画紙を使うことも考えてみた。モノクロ印画紙の感度はフィルム(ISO100)より20倍程度低く、ISO=5程度のようだ。また、もともと感度が低いので、長時間露光による劣化は考えなくてよさそうだ。なので、晴の日(Ev=14,ISO100)に、仮にF200で2.4秒の露光時間の計算結果が出た場合、印画紙を使う場合には48秒程度になる。F値が確定しているのであれば、とりあえず50秒程度で試してみればよい。未確定であればその前後で試すことになる。
計算式としては Ev= (log(1/48) + log(200)*2 + log (100/5))/log2 =(-1.7+4.6+1.3)/0.3 = 14
計算式で把握しておけば、露出計で出る測定値で、露光時間を決めることができる。天気を見て感で時間を決める必要はない。逆にスマホのアプリで時間を決定できるということだ。この例の場合、ISO=5,F=200を設定すれば、状況に応じて時間を設定してくれる。

 印画紙を使った場合には像が白黒反転しているので、現像して乾燥させたあとに、別の印画紙と密着焼きをして、普通の白黒像に戻す。WEB用だけなら、とりあえずデジタルで反転させる手もある。印画紙を使う場合は、4×5のカメラを使えば、おおげさにはなるが、F値も簡単に変えられ、フィルムホルダーに印画紙を装着するだけで、作業も簡単そうだ。8×10の印画紙なら、4等分すればちょうど4×5のフィルムサイズになる。

 Zero2000も縦7.5cm横8cmに切った印画紙をフィルムの代わりに挟み込めば、簡単に印画紙でも写真が撮れそうだ。こちらは、印画紙の詰め替えを暗箱でやらないといけないが。

【印画紙のISO感度】イルフォード印画紙の説明文では「MULTIGRADE RCペーパーは、フィルム ISO 3~6と同等です。」となっているので、一段の幅がある。例えば晴れの日(EV=14)のF200での露光時間は40秒(ISO6)から80秒(ISO3)の幅がある。

ピンホール用の薄銅板届く

 3月末に発注したピンホール用の薄銅板(0.01mm厚)がようやく届いた。このような特殊なものは全部中国に発注していることになるようだ。2週間以上たつと、発注したときの熱が冷めてしまっている。

 で、カメラ本体に何を使うか思案中。HOLGAはやはり、軟すぎる。4×5+67ホルダは重すぎる。ということで、ハッセルを使えないか考え中。しかし、ボディ前面のカバーに穴を開けるのが大変そう。

日光写真と引き伸ばし機

 20WのLEDランプを探しているときに、UV LEDランプというものが引っかかった。文字どおり紫外線を出すLEDランプだ。ちなみに、昼色光のLEDは紫外線をほとんど出さないようだ。引き伸ばし機の発熱球をUV LEDランプに替えれば、ネガから日光写真が焼けるのではと思った次第。

 現在35mmネガをもとに日光写真を作る場合、いったんパソコンにネガを取り込んで、実物大のネガをOHPフィルムのような透明のシートに印刷して、それを感光紙の上に置いて、太陽光で密着プリントするようだ。最近では、太陽光の代わりに、iPadのような紫外線スクリーン(投光器)で感光することもやられているようだ。しかし、デジタル化して印刷することにより、階調が失われることが欠点のようだ。
 ネガを引き伸ばし機にかけて、白熱球で露光しても良いのではと思うが、問題は発熱球から出る熱。太陽光でも数分露光する必要があり、引き伸ばし機で数分露光すれば、フィルム自体が熱で傷んでしまうので、直接やることは考えられていなかったようだ。 

 すでに(2018年頃)、50WのUV-LEDを載せた基盤を、旧型の引き伸ばし機に載せて販売していた形跡もある。LEDの基盤と電源部はAmazonでも売っているので、工作をすればつくれると思うが面倒だ。実際高出力のUV-LEDタイプを使ってWEBに制作例を掲載している方もいる。しかし、キャビネ版ぐらいでも、露光時間は10時間ぐらい必要なようだ。(最近は3Dプリンター用の透過型LCDをネガに使っているみたい。)

 現時点で手に入る電球型のUV-LEDの出力は15W(1000円ぐらい)しか無いが、とりあえず、Focomatのカラー・タイプのヘッドには収まるようなので注文してみた。しかし、これでは足りないようなので、高出力のスクリーン(投光器)タイプ(60W/3700円)も注文してみた。ランプヘッドの代わりにくくりつければなんとかなりそうな感じ。しかし本体から熱は出るようで、裏に放熱板が貼ってある。放熱用にファンも必要なようだ。

 なお、日光写真に使用する薬剤は、赤血塩とクエン酸鉄(Ⅲ)アンモニウムだが、赤血塩(4620円/500g)はヨドバシにまだ置いていたが、クエン酸鉄(Ⅲ)アンモニウム(9460円/500g+2580円)は置いていなかったので、森本化成に注文した。送料だけで3000円近く取られたのは痛かった。だんだん写真用薬品は手に入りにく、かつ高額になっている。使用量は明確ではないが、クエン酸鉄(Ⅲ)アンモニウムを10~20g/100mlぐらい、赤血塩を10g/100mlを水にそれぞれ溶かし、使用直前に同量を混ぜて、水彩画の画用紙に塗って、それを乾かして感光紙にする。クエン酸鉄(Ⅲ)アンモニウムは量を増やしたほうが感度は上がるが、画像の濃度には関係ないようだ。一旦両薬をまぜた液は使い切らないと、保存性はないようだ。印画紙自体も一日ぐらいが限度のようだ。なお、市販のキットは、クエン酸鉄(Ⅲ)アンモニウムが53.86/250ml、赤血塩が22.68g/250mlになっている。2:1のブレンドの特性がよさそうみたいだ。感度を上げるにはさらに、クエン酸鉄(Ⅲ)アンモニウムを加える必要がある。

 これらを塗布した紙も売らている。これにはなにか保存剤がふくまれているようで、保存期間が長い。

ブロッソンの写真集の補修

 これは20年ぐらい前に買った写真集(表装の絵はマティスだそうです)。アメリカの書店から通販で買ったけど、届いた時点でこの状態。背表紙がボロボロでとても見る状態ではなかったので、いままで本棚の肥やしになっていた。今日やっと本の補修屋さんに持っていて、読める状態に修理してもらうことになった。修理上がったらゆっくり眺めたい。 意外に本の補修屋さんて少ない。鹿児島では頼んだところしかなさそう。横浜にいたときにも探したけど、個人さんの方だった。

引き伸ばし機の露光時間

 フィルムプリントの一番アナログ的なところが、数秒ずつ違えて段階露光をして、露光時間を決めるところ。普通に考えれば、印画紙の感度が決まれば、引き伸ばし機から出る光の照度で、おおまかな露出時間はきまるはずだ。なので、より狭い範囲で段階露光ができる。しかし、これを説明したものは見たことがない。実際、照度計とタイマーを連動したも装置もあるのだから、照度計があれば、計算できるはずだ。セコニックのL-308Bには簡易的な照度計機能がつているので、これを使えばなんとかなるはずと思う。

 例えばキャビネで焼いたものを、8×10に焼き直す場合には、照度の違いぶん、露光時間を長くすればよいはずだ。ただ長時間露光なので、正比例していないことも考えられるが。これを機にちょっと実験してみよう。

引き伸ばし機のLED化実験

 引き伸ばし機のLED化実験をやろうと思ってパナの40WのLEDを買ってからはや数年。ようやくFocomatを使って実験ができた。通常使っているのはGEの150W。これを使ってFOCOTARをF8に絞って焼いた適正露出が6秒ぐらい。(ちょっと焼きすぎだった。) これに比べ、パナの40WのLEDは光量が多く、2.5秒ぐらいだった。なので、白熱球にくらべ約半分の時間になった。LEDの方が適正時間だったためか、よく見える。(フィルター特性(号数)が変わってるためかもしれない) とりあえず代替えとして使えそうだ。20Wに落としても時間はあまり変わらない可能性もあるが試す価値はありそうだ。(ダイソーを要チェック) このままF11まで一段絞って使うのもありかも知れない。

 左が150Wの電球(6秒)、右が40WのLED(2.5秒)。左はプリントではオーバ目だけど、Scanしたらちょうどいい具合に。右は3.5秒でオーバ目だったので2.5秒にしたけど足りない感じ。LEDは電球に比べ硬めになっているよう。紙はイルフォードのCool Tone (perl,5×7)、フィルタは2号。現像液はデクトール(1+2)。機材は、Contax Aria with Planar 50mm F1.4 Kodak Double-X(250) D-96(1+1) 20℃9.5分。

 LED化はコントラストが高く、シャドーが潰れにくいという評価があるそうだけど、その通りの結果。号数が1号ぐらい上がっている感じがする。熱でフィルムが痛むのを心配する必要もない。

 昔Cold Lightというのをべセラに付けてやってみたことがあるが、蛍光灯みたいに光が安定せず使い物にならなかった。光が安定するまで待つ必要があったようだ。しかし、現在のLEDは、当初のLEDと違って電気に反応してすぐに発光するので、その意味では全然問題がなくなっている。 

VC7700の方は、ハロゲンランプのピンがまた錆びてないか心配だったけど、ランプが灯って一安心。

【追記】20WのLEDランプは流通していないようで、ダイソーにもなかった。なのでヨドバシの2個700円ぐらいのものを注文。

ワシントンの桜まつり(1993/03/24)

ワシントンにいた頃の桜まつりの写真。
国会図書館の裏の道に路駐して、ポトマック河畔まで歩いてきてます。
ネガをスキャンしたので、Wordpressのギャラリーの作り方の練習を兼ねて。

霧島・新燃岳火口(1981年8月初旬)

 霧島ついでに、2011年に大噴火する30年前の霧島・新燃岳火口です。昔のプリントをスキャンしました。写真自体は退色していますが、GT-X970の退色補正機能で驚くほどきれいな色がでてきました。写真の通り黄緑色の大変美しい火口湖でした。60年代の007では、この下が秘密基地という設定でした。まあ、秘密基地にしたくなるような景観でした。この写真は東から西に向けて撮った写真で、多分前の山が大浪池の山で、右側に韓国岳があります。この火口は今は溶岩ドームで埋められてしまって、盛り上がってます。

 この時は会社の夏休みで、高千穂河原から中岳、新燃岳、韓国岳を越えて、えびの高原に降りる縦走ルートを普段着で歩きました。噴火まえには自由に火口に近づけてました。火口一周もできたようです。現在は噴火警戒レベルは1まで下がったようですが、火口1km以内はいまでも立ち入り禁止です。なので縦走はできず、韓国岳から獅子戸岳までは従来の縦走路で、新燃岳を迂回するために、そこから大きく北側に回り高千穂峰に北から登り、高千穂河原に下るコースになるようです。
 

こちらは2018年3月に小噴火したときに、霧島温泉のホテルの上空に飛来した噴煙です。

桜が過ぎてツツジの季節に

 霧島山に自生していたキリシマツツジという品種(諸説ありそう)が江戸時代からあるそうだけど、地元ではあまりお目にかかれない。能登や群馬からの里帰りがニュースになるぐらいだ。能登半島はキリシマツツジの日本一の集積地として有名だそうです。なじみのあるミヤマキリシマも霧島の名前がはいっていて、ツツジは霧島に関係が深い花だ。